PR

NHKのど自慢の地域の魅力を発信するための5つの工夫

TV番組
この記事は約5分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

NHKのど自慢は、1年をかけてほぼすべての都道府県を巡ります。

そのおかげで、全国ののど自慢ファンがどこに住んでいてもステージに立つことができたり、

観覧者として参加できるのです。

一方で、番組のはじめに地域の魅力を全国へ発信しています。

詳しく調べてみると、

それ以外にも、NHKのど自慢では地域を意識した番組作りを心掛けていることがわかりました。

この記事では、そんな地域の魅力を発信する5つの工夫をご紹介します。

スポンサーリンク

その1:1年ですべての都道府県を巡る

2023年度と2024年度のNHKのど自慢の開催地を調べてみました。

都道府県2024年度2023年度
1北海道遠軽町
千歳市
旭川市
芦別市
根室市
2青森県×弘前市
3岩手県陸前高田市二戸市
4宮城県白石氏名取市
5秋田県大館市大仙市
6山形県山形市鶴岡市
7福島県郡山市須賀川市
8茨城県水戸市龍ケ崎市
9栃木県真岡市宇都宮市
10群馬県×みどり市
11埼玉県和光市羽生市
12千葉県×松戸市
13東京都×西多摩郡瑞穂町
14神奈川県松田町×
15新潟県糸魚川市村上市
16富山県黒部市氷見市
17石川県七尾市加賀市
18福井県大野市敦賀市
19山梨県韮崎市富士吉田市
20長野県塩尻市佐久市
21岐阜県羽島市瑞穂市
22静岡県菊川市沼津市
23愛知県武豊町春日井市
24三重県尾鷲市伊賀市
25滋賀県甲賀市草津市
26京都府京丹後市舞鶴市
27大阪府茨木市枚方市
28兵庫県豊岡市神戸市
29奈良県天理市北葛城郡上牧町
30和歌山県御坊市紀の川市
31鳥取県×吉倉市
32島根県浜田市松江市
33岡山県吉備中央町津山市
34広島県府中市安芸郡坂町
35山口県山口市下関市
36徳島県吉野川市×
37香川県高松市善通寺市
38愛媛県×四国中央市
39高知県土佐清水市四万十市
40福岡県筑後市北九州市
41佐賀県鹿島市鳥栖市
42長崎県平戸市壱岐市
43熊本県菊陽町宇士市
44大分県中津市臼杵市
45宮崎県宮崎市日南市
46鹿児島県南さつま市出水市
47沖縄県沖縄市宮古島市

1年間に47都道府県すべてで開催されている、、、

と思っていましたが、そうでもないようです。

2023年度は2か所、2024年度は6か所もの都道府県で未開催となっています。

ハートさん
ハートさん

えー、意外な結果!

それでも、まんべんなく振り分けられており、

面積の広い北海道では複数回の開催があるものの、ほぼ年1回として開催されています。

また、2年連続で未開催という都道府県は1つもなく、

それぞれの都道府県に配慮された開催地の設定がされていることが伺えます。

スポンサーリンク

その2:毎週金曜日に地域の魅力を発信

毎週金曜日に「NHKのど自慢 公式」というX(旧Twitter)で、

その週の司会を務めるアナウンサーが地域の魅力をつぶやいているのをご存じですか?

日曜日の会場が香川県高松市なら、本場の讃岐うどんや盆栽生産量日本一の高松で盆栽づくりに挑戦。

長崎県平戸市なら、フランシスコザビエルの教会や鯛茶漬けを紹介しています。

4枚の写真付きで、

毎週このX(旧Twitter)を見るだけで全国の名所や特産品を知ることができるんです。

こんな感じで、、、

スポンサーリンク

その3:番組はじめに地域をVTRで紹介

毎週、番組の初めのほうで、1~2組歌い終わった後に開催地の紹介をVTRで流します。

およそ1分から1分15秒ぐらいの短い時間ですが、

名所あり、工芸品あり、特産品ありと見ているだけで行ってみたくなるような魅力を届けてくれます。

このVTR、実は1つ前の章で紹介した司会のアナウンサーによるX(旧Twitter)の投稿とほぼ同じなんです。

VTRにアナウンサーは出てきませんが、きっと一緒に行っているんでしょう。

その4:同じ都道府県出身のゲスト

開催される都道府県出身のゲストが呼ばれることも多いようです。

2024年5月12日の開催地は、福井県大野市、ゲストは五木ひろしと中村美津子でした。

五木ひろしは、1948年福井県美浜市出身

中村美津子は、1950年大阪府東大阪市出身です。

ゲストのどちらかが開催される都道府県出身ということは時々あるようです。

ハートさん
ハートさん

ゲストも故郷でのど自慢に出られるわけですから、故郷に錦を飾るような思いなのかもしれませんね。

その5:地域を意識したゲストの歌唱曲

2024年5月12日に福井県大野市の越前市文化センターで福井県出身の五木ひろしさんが披露したのは、

こしの都」という福井の魅力を歌った曲でした。

今年北陸新幹線の県内開通を記念して作られた曲で、MVも越前市の紫式部公園で撮影されたものです。

このように開催地にゆかりをもつ歌唱曲が選ばれるのも、NHKのど自慢の醍醐味の1つと言えるのではないでしょうか。

NHKのど自慢の地域の魅力を発信するための5つの工夫のまとめ

以上、NHKのど自慢の地域の魅力を発信するための5つの工夫でした。

番組の主役はあくまでも「人」ではありますが、開催地の魅力を伝えることにも番組では力を入れているようです。

ハートさん
ハートさん

ゲストの出身地を調べたりしながら見ても楽しいのかもしれませんね。

その他、NHKのど自慢に関連するサイトは、こちら!

のど自慢2024申し込み|応募方法をやさしく!観覧当選確率も!
NHKのど自慢|予選通過のコツは?予選会の流れは?
NHKのど自慢 2024年の予定とゲスト一覧|応募方法も!
NHKのど自慢の地域の魅力を発信するための5つの工夫
NHKのど自慢|喉ケアグッズで予選通過、合格GETを!
NHKのど自慢|見逃し配信のおすすめ3選
のど自慢の司会が交代|二宮直輝と廣瀬智美の経歴とプロフィール
NHKのど自慢の歴史|歴代司会者、鐘、キャラクターも!
NHKのど自慢|予選会へ行ってきた!体験・感想レポート!
NHKのど自慢|チャンピオン大会2025はいつ?観覧申込方法
タイトルとURLをコピーしました